masato日記

ふだんのにっき

きもちよく晴れた日だった。Tシャツ一枚が似合いそうな陽気。寒暖がはげしくい。なんとかついていけている。今週末はとても暖かいらしい。まだ4月だけど。 

近所の大きめの公園に初めていった。久しぶりに林(と呼べるくらいの樹々のなか)に行けた。近所のこどもたちがわーっと遊んでいて、母親同士が近くですわってお話しているような場所だった。野球場もあって、試合の後片付けをしているところだった。売店まで公園内にあって、なかなか設備が充実しているようだった。

環境に適応することに注力しすぎると、変化の質が不問になって、イメージとしてはアメーバみたいにふわふわ漂っていく。これが続くと、そのうちどこかで正しいことをする方向に寄せてバランスをとらないといけない地点にいたる。日常的に正しいことをなるべくしていきたいと思う。その「正しさ」が正しいかはわからない。保証もない。経験と常識と偏見で判断している。ひとりで煮詰めていくと偏りが拡大しすぎるので、自分にない要素を混ぜるために他者と交流する。あたらしい視点や感覚が発見できることもあって、よい。最近の傾向として自覚しているのは、自分のための正しさを他人にとっての正しさより常に優先して生きてきたことか。もっとバランスをとってもよいかとは思ってきている。

11時から19時まで耳栓してパソコンしてたから、ずっとひとりの世界で生活していた。耳栓すると周囲に人がいてもしずかで作業がはかどる。作業の事以外考えることもほぼない。良くも悪くも他人と関わりあうことのない1日。

ビール検索アプリ

Amazonで売ってるクラフトビールを一覧にするアプリつくった。1本あたり単価が間違っていたり、商品ページへのリンクが切れているなどできていないところが多くある。230商品くらい登録がある。

銘柄ごとに1本あたり価格が安い順にならべお買い得に選べるとよさげだ。

Beeer

流れる湯がいい

風呂の入り方でよく、気持ちを落ち着かせたいならぬるめのお湯につかるといいと言う。

37~39℃のぬるいお湯に10分以上、ゆっくり入ると、副交感神経が刺激されて精神の緊張がほぐれ、筋肉もゆるみます。 ただし、42℃以上の熱いお湯は、交感神経を刺激して心拍数が増え、血圧が上昇します。

https://www.med.or.jp/forest/health/live/04.html

でも、ぬるい湯に入っていても気持ちよくない。効用として神経が鎮まって眠りにつきやすくなったりなどするようだが、自分はなんだかそういうふうにならないみたい。42℃くらいの熱い湯につかる方が好きだ。

今住んでる賃貸の風呂は追い炊き対応。設定温度に保温もできる。熱いお湯を自動でつぎたして、湯温を42℃とかに保ってくれる。新鮮な湯が流れてきて気持ちがいい。蛇口じゃなくて、浴槽のまんなかくらいの高さにある給湯口から出てくる。下から出てくると、浴槽内に水流ができるようだ。そういえば、温泉とか銭湯でもお湯が出てくるとこの近くが特にリラックスできるような。水流がポイントとみた。

以前は物をたくさん持ちたがったが 
今は少しでいいとおもう
ものが減ると、もののことを考えなくてよくなる
解放感

今の持ち物をもっと整理したいけど
捨てるのはもったいなくて
でも整理には手間がかかる
どっちにしても労力が必要
物に所有されて 
動きが鈍くなる

生活を簡単にするために
持ち物を減らしたい
放っておくと複雑になってしまう
手入れしてシンプルにしないといけない

今週もほぼ完全引きこもり状態。ベッド組み立てたり、部屋が少し片付いたりしたから、まあいっか。