masato日記

勉強ノート

辞書を引くー「感覚」

ふだんよく「感覚」とか「感じ」という言葉を使う。

「感覚」を辞書で引いてみた。
ベネッセ表現読解国語辞典だ。

かんかく【感覚】
1.目・耳・鼻・下・皮膚などの感覚器官(五官)が、光・音・寒暖など外部の刺激を感じ取るはたらき。また、その刺激によって生じる意識。
◎皮膚感覚。
◎方向感覚。 ◎人間は五官で外界の事物を感覚する。

身体で感じることという意味のようだ。

引用を続ける。

2.ア.物事のとらえ方・感じ方。
◎国際的な感覚を身につける。
◎現代の感覚にマッチする。
◎ユーモア感覚。
イ.物事の実態や本質、善悪などについての直観的判断。
◎この業界は、談合が違法行為だという感覚が麻痺しているのではないか。
◎彼女はトップモデルなのに、普通の人の普通の感覚を持ち合わせた礼儀正しい女性だ。

自ずとわいてくる判断・感覚のようだ。自覚的に考えているのとは違う。
次。

ウ.物事の美醜などについて、こまやかにとらえる心のはたらき。また、物事の新旧の変化や相違について、鋭敏にとらえる心のはたらき。
◎日本人は、日本庭園の苔の緑を美しいと思う感覚を持っている。

「美しいと思う感覚」というふうに使えるようだ。上の語義を踏まえると、「~と思うような感じ方・とらえ方を持っている」と言い換えられるだろう。
これはまた、別の感覚なら、別のとらえ方もある、ということでもある。

だから、「~だと感じる」という言い方は、「わたしの感覚では~だが、あなたが違う感覚をもっているばあい、別のようにとらえるかもしれない」という意味になる。
押しつけがましくなりたくないときに、使うとよいかもしれない。
でも、あまり使いすぎるとまわりくどくなるかもしれない。

頑固

頑固と言われることが多い。辞書にはこうある。

かたくなで自分の考えや態度を変えようとしない。
(ベネッセ表現読解国語辞典)

どちらかというと否定的な印象である。

自分の考えや態度を変えないのは、自分が正しいと考えているからなのか。あるいは、納得のいかない他者の考えや意見に従うより、自分のそれに従った方がマシと考えるからか。

頑固と言ってくるのは目上の人が多い。その言葉をいった目上のお方は、わたしの意見や考えを変えようと期待をして、変わらないのを見て、そういう感覚をもったのだと想像される。

ちなみに、わたしはだれかのことを頑固だと感じたことはおぼえにない。まわりに頑固者がいないからか?それとも、頑固なのはわたしにとって自然なことなので、一般的には頑固であるような場合にも、わたしにはそうだと意識されないのか。

頑固さの感覚について、世間とのズレを感じている。

冬のなべ

11月下旬にさしかかり、もうほんとさむい。温度計10°Cだった。10°Cってこんなにさむかったっけ?っていうくらい寒い。

さむいのでいつも鍋してます。みなさんはなべに何をいれるのが好きですか。

わたしの具材はこんな感じ。

・白菜
・だいこん
・しめじ
・お好みの魚介類

やさいはワンパターンです。基本、白菜とだいこんを食べます。

魚介は、サケとかタラとか、アサリもいけます。鶏肉、豚肉でもおいしそうですね。

だし汁は、出しパックでとってます。これでもなかなかうまいですが、そのままの昆布とかつお節で出しをとってみたいです。おいしそうだな。

なべは日本酒に合いますね。冬はなべがたのしみのひとつです。なべであったまりましょう。

教師塾 第5回 「『聞くとは何か?』人生を変える対話への扉」に参加してきた

「インタビューゲーム」というインタービューをしあうイベントに参加してきた。二人ひと組ペアになって、20分交替で「聞き役」、「答える役」を交代してインタビューしあうという趣向のゲームだ。

基本的なルールは次の3点。

1.聞き役は何でも聞いても良い
2.答える役は言いたくないことを言わなくても良い
3.答える役は聞かれていないことでも話して良い

わたしは、これまでにこのゲームを8回やったことがある。きょうで9回目になる。

きょうは特におもしろかった。何が面白いのか。自分の知らない人間の一面が見えるから、というのが大きい。他人の一面だったり、自分の一面だったり、両方についてあたらしく気づけることがある。

印象に残ったことば。

1.人は自分が作った枠に縛られている
2.あらかじめ考えた問いかけより、その場の思いつきで生まれた問いかけのほうがコミュニケーションが深くなることが多い
3.ニュートラルな視点でひとを見続けることが大切

どういうことか。

1.他人に指摘してもらうことで、自分がどんな枠のなかで言動しているのかに気づけることがある。自分自信では見えていなかったクセとか縛り、他人の目で見つけてもらって、教えてもらうということ。自分にとっては、それが自然のことであるので、客観的にみれない。そうじゃない自分を想像できない。違う身体、感性をもった他者からみると、そこに何かが見えることがある。

2.自分一人の考えで思いつくことは、自分の中にあることからだけでできている。他者との交流を通じて生まれた考えは、他人の成分が入っている。相手の立場をふまえている部分があるので、もっと相手に届きやすい。

3.対面している人を「これ」と断定することで、「理解」したいという欲求を断念する。「理解」するのは、楽ではあるが、相手そのものを見損なう。それは、相手の実体を自分の中で観念化してしまうことだと思う。現実の人間は、観念ではない。ここを誤ると、常に相手を見損ない続けるのではないか。

イベント後の懇親会も大いに盛り上がった。熱い方が多く、とてもおもしろく話ができた。参加してよかった。みなさま、どうもありがとうございました。次回もたのしみにしています。

2017/11/18

土曜、休日。昼前に起きた。金曜の朝のラジオで「今週末は寒い」と聞いていた。実際けっこう寒い。布団の時間がながくなる。

自転車で近所のスーパーに昼飯と一日の食材を買い物に行く。さむくて体調が悪くなりそうだった。ちょっと運動しておこうか、と自転車でいってみたが、むしろ逆効果かもしれない。惣菜と野菜、魚をかごに入れ、ビールは買おうか迷った末、あすは居酒屋に行く予定があるのでよそう、ということで我慢する。

2時間仕事したのち、疲れて横になったら2時間寝てしまった。6時で外がまっくらだった。あまり楽しくない夢を見たが、思い出せない。昼過ぎに昼寝するとろくな夢が見れない。たのしい夢を見させてくれ。

ずっと部屋にいるのに飽きたので、きょう二回目のスーパーに行くことにした。昼とは別の近所のスーパーだ。今度は車で行く。3分くらいで着いた。買ったのは、もやしとビールだ。結局、ビールを買って今飲んでいる。断酒失敗。

2017/11/17

同僚がりんごをくれた。その同僚が別の同僚(つまりわたしにとっても同僚)からもらったりんごを分けてくれた。おいしい青森のりんご。今年はじめてのりんご。

きょうのグッドニュース。
青森県産りんごひとつが手に入った。
・明日は土曜日で休日である。
・アップグレードしたFirefoxがすげー速いので自宅の非力なPCでも快適に動くようになった。
・”Flexbox Froggy”(CSSのFlexboxがれんしゅうできるサイト)をクリアした。
・昨日より暖かかった。

きょうのバッドニュース。
・ビールを飲み尽くしてしまった。

ビールを買いに行こう。

あともうひとふんばり しない

あともう一踏ん張りしないようにしたい。これは一般的に言われるのとは逆である。わたしは、気力・体力を使い切るのはよくないと思っている。

まず、人生は長期戦である。追い込みが必要な時は別として、つねに頑張っているのはたいへん疲れる。局所的に頑張ったり、何もしなかったりを繰り返し、感情の起伏を激しくするよりも、コンスタントにそこそこやっていったほうが成果につながるんじゃないか。

それに、頑張りすぎると、気分良く過ごせない。わたしには、「絶対にこれはしないといけない」というものがない。また、特に持ちたいとも思わない。
普段は、できるだけゆとりをもって過ごせた方がしあわせだ。ゆとりがあるからこそ楽しめるものはたくさんある。一杯一杯になっていると、極端な話、何も感じなくなる。振り返ってみて、「あのときは頑張っていたなあ」と思い返してみても、当時の情感はまったく思い出せなかったりする。

頑張ることをよしとするのは勝手だが、他人にそれを押しつけるのは危うい。というか、わたしがそういう状態になっていたことがあった。周りの人からしたら大変うざったかったのではないかと思う。頑張るのが高級で、そうでないのが低級だという感性は人を追い詰めると思う。