masato日記

おもったこといろいろ

ナビなしで高速道路を走れない

きのう名古屋市内の住まいから豊田市の実家に用事があり、急いでいたので高速道路でいった。

ナビに目的地をセットして車を出した。

しかしナビが示したのは一般道だった。走行中にルート変更できないヤツなので、ナビはあきらめて記憶とカンに頼って走ることに決めた。

何度目かの高速分岐にて、なぜか四日市方面に向かっていた。それは間違いで、結局ものすごい大回りをしていくことになってしまった。

道オンチで迷うことはよくある。

高速の分岐では、「たぶんこっち」で選んだ先は8割くらい間違っている。

早く目的地に着きたいがためにお金を払って高速にのっているのに、時間はかかるし、ガソリンはなくなるし、せつない。

自分に対してアホなのか?という気分だ。

さて不思議なことに道がわからないのに調べることをしない。

それはたぶん、調べるのがめんどくさいからだ。

そもそも調べたことがほとんどないので、調べ方が大変そうに感じてしまう。

道順を記憶することに興味あまりないなあ。

車のドア収容に備えてあるマップルは、いまだかつて活用したことがない。

地理をパラパラ眺めてみたことはある。

いや、そういうことじゃなくて。

道順がわからないと私生活でも仕事でもかなり困るはずだし、実際けっこう困っているのだ。

そろそろ道に詳しくなるために努力したほうがいいかもしれないとぼんやりと考えた。