masato日記

おもったこといろいろ

最近早起きしている パート2

早起きってなんか「道徳」の匂いがしませんか。説教臭いというか。小さいころ大人に推奨というか、半強制された経験があります。ここでは、たんに感想を書いているだけで、「早起きは正義」とかいうつもりはありません。念のため。

 4日前に「最近早起きしている」ということを書きました。早起きっていい、という気持ちはまだ変わっていません。あのとき書けなかったことを、もう少し書き加えてみようと思います。

 

1.朝早いと夜ゆっくりできる

勉強したいこととか、集中してやったほうが捗ることなど、朝一人の時間にガーっとやります。割り込みがない、静かな朝はよく集中できます。

仕事が終わって疲れた身体でやるとハードなことでも朝ならできるようです。

 

2.一日を落ち着いて過ごせる

朝起きて、そのまま会社に行く生活のときは、自分の時間は帰宅後にしかありませんでした。帰宅後にやりたいことをやれる気力・体力があるかは、正直予想がつかないので、不安になってたんだと思います。今日もできるだろうか、疲れていてもやらねば、みたいな意識が無意識にあったんだろうと想像します。そういうふうに頑張り続けるのは、なかなかハードなものです。 

でも、その日にやりたいことを朝にやり終えていると、あとはオマケの時間みたい。ゆとりをもって過ごせます。会社の時間をオマケなんていうと怒られそうですが。

午後2、3時になると、一日の7割方終わった感覚になります。もう少しで今日の仕事も終わりだ、という感じで、ちょっとだけ気持ちが明日に向かい始めます。(必死で納期に間に合わせないといけない仕事がある場合は焦ってます)

定時近くになると、明日も早起きするために早く帰ろうという意識になります。帰れる場合はそのままサクっと退社。

帰ったら好きにゆっくりして、早めに寝ます。

 

こうやって早起きのメリットを書いておくと、よいことあるかなー