masato日記

勉強ノート

全部ほしい。わたしは知らずに貪欲になっていたようだ。

ここ最近、隔月くらいの間隔でこの先3年間の自分の職業人生について考える、ということをやっております。きょうは、現状把握ということで、いまの自分をできるだけ客観的に振り返ってみる、ということに取り組みました。

職業人生は、あるいはキャリアプランともいいます。現在働いてまして、3年後となると、現職をつづけるとか、あるいは転職するとかいう可能性があります。私は、転職したいなあとずっと思っておりまして、それはどうしてかというと、ひと言でいって、会社が求めていることと自分がしたいこと、またはこう自分は貢献していきたいんだよなあと思っていることとが決定的にズレているということですね。そのことを最近はっきりと自覚するようになりました。これは私が一方的にそう思っているだけで、会社がこれと違うことを期待するというのはごくありふれた状況なのかもしれません。とはいえ、不本意なことをこの先ずっとやっていくのは、とっても不健康だとも思うのです。それがこの先の3年間だけであったとしても。

じゃあ、転職したら何が待ってるのか。隣の芝生はいつも青いわけです。 だから、自分が何を期待しているのか、そして実際に何が期待できそうなのか、ということを考えました。結果、私はあれもこれも欲していたようです。

こんなことを書きました。

1.楽しみながらはたらきたい
2.仕事から学びを得たい
3.おもしろい人からよい刺激をもらいたい
4.いいお給料を稼ぎたい

思いつく限りの仕事から得られそうなメリットをあげた感じで、欲張りですね。 これを人前で発表したところ、ある方から「どれを大切にしているのかがみえてこない」という意見をもらいました。 なるほど、確かに。 それがきっかけで、自分のその部分が客観的にみれて、あれもこれも全部ほしがっていた、ということに気がつけました。たしかに、全部取りしたいことはしたい。ただ、そのうちのどれが自分にとってたいせつなのか。それを見極めることは大切だと思いました。