masato日記

おもったこといろいろ

毎日飲んでるコーヒーを止めたらどうなるか、コーヒー断ちをやってみた。

いつからだったかはっきり思い出せないが、毎日3,4杯のコーヒーを飲んでいる。ml換算にすれば、1000mlは行かなくても500mlはいっていただろう。 最近発表された研究結果によると、コーヒーは健康に様々な好影響をおよぼすとのことであった。コーヒー本もたくさん出版されていた。私の場合は、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」でプレミアムコーヒーが絶賛されていたので、なるべく質の良さそうなコーヒーを探し求めて飲むようになった(それなりに高い)。コーヒーはがんがん飲むべきものだと認識し、毎日欠かさずに飲んでいた。おとつい、ストックのコーヒー豆が切れた(豆を買って挽いて淹れている)。そのとき、買いに行くのがめんどうだったので、ふと「今日はコーヒーをなしにしてみよう」と思い立ち、自宅でも会社でもコーヒーは一切摂らないようにしてみた。といっても、1日のみだけど。。
その時の感覚を書いておきたい。

ちょっとした禁断症状

おそらく1年以上はほぼ毎日コーヒーを飲む生活だったので、突然なくなると落ち着かない。あるべきものが、ない、というようなかんじでほんのり不安。ということで、コーヒー飲みたい欲求を抑える努力がすこし必要だった。

リラックス度が高まった

コーヒーをのまないと、心拍数とか呼吸数とかがゆっくりに感じた。 コーヒーにはカフェインが含まれており、興奮作用がある。この作用を期待して、眠いときに目覚ましとしてコーヒーを飲むことはよく知られている。このように場合によっては緩んだ神経を適度に緊張させることが効能として役に立つということはある。だが、緊張しているときに飲んだら、その緊張をさらに張り詰めさせることにもなりかねないのではないか。私はけっこう緊張するタイプで、平均緊張レベルが高い気がする。こういう人間は節度を持ってカフェインを利用することが必要だとおもわれる。あと、カフェインの感受性も関係するはずだ。カフェインを摂取するとどういう風になるか他人にほとんど聞いたことがない。どうなんだろう。

ねむくなる

昼食後、めっちゃ眠い。大きな声では言えないが、机にすわって20分くらい半分寝ていた。それだけ寝るとすっきりして起き上がれた。試しに同じくカフェインを含む緑茶をちょっとだけ飲んでみたら眠気が飛んだので、やっぱりカフェインは眠気に効く!という感じ。たまたまそういうことになっただけかもしれないが。プレシボ効果とかで。

以上が1日のコーヒー断ちをして得た気づきだった。いいこともあったわけだが、コーヒーはおいしいし、たまに飲みたくなるので、これからは節度をもって飲んでいきたいと思う。