masato日記

雑多なものごとについて書きます

奈良美智(なら・よしとも)展に行ってきた

顔がでっかくて、大きな目がはなれてついている顔の少女で有名な画家、奈良美智。多くの人がこの絵をどこかで見たことがあるのではないでしょうか。

先日、地下鉄のホームで電車を待っているときのこと、広告物のフレームに入っていた展示会のポスターにあの少女を見つけました。豊田市美術館の展示会のポスターです。どこかこころ惹かれるものがありました。

今日、ちょうど豊田市の実家に帰省していたついでに、いい機会だったので、豊田市美術館まで行ってきました。展示会のタイトルは「Yohitomo NARA for better or worse」。展示会のはじめの部屋の入口にあるまえがきのなかには、この副題に込められた意味が書かれていました。

「どのような運命になろうとも」

なんて包容力のある言葉なんでしょうか。昔、あの少女に対して感じていた、単なるおしゃれでカワイイおんなのこの画というイメージは、この言葉を目にして、一瞬で消え去りました。あの独特な少女は多くの作品であらわれるのですが、実際、彼女たちは単なるかわいい存在ではありません。

にらみつける目、手に持ったナイフ、口元からのぞく牙。

人を安易に近づけさせない、反抗の意思が伝わってました。

それと、彼女の顔は、猫に似ている。顔の大きさに対する目の大きさの比率、目の離れ具合、鼻の穴のかたち、口の大きさと牙、そういったものが。

展示されていたのは、絵のほかに、少女の立体オブジェと、かわいらしいお家のでっかいオブジェもありました。お家に入るには別途整理券が必要だったので、入りませんでしたが、カップルとか親子づれの方々は楽しめるんじゃないでしょうか。

展覧されていた作品は、1987年から2017年にかけて、総数100余点。美術館の1~2階にまたがって展示されていて見ごたえ十分でした。個展にくると、長いスパンからみた作家の雰囲気とか思想とかが伝わってくるのがおもしろいですね。

ちなみに、「奈良美智」は「なら・よしとも」と読みます。(私はチケット売り場で自信ありげに「ならみちを一般で」と間違えました。 )

あと、同時に森千裕の“omoide in my head”と題した個展もやっていて、こちらもよかったです。"omoide in my head"とみて、すぐにあのロックバンド Number girlが思い浮かぶのは私だけではないでしょう。顔のない絵は、アルバムアートワークに似ていました。Number girlと関係あるのかな?絵、オブジェが展示されていたのと、ビデオ作品も上映されていたのですが、これが超シュールで脱力系。自宅でぼーっとみたら最高!な予感がしたので、買って帰ろうと売店を探しましたががありませんでした。こちらは残念。

展示会は両方とも9月24日(日)までやってます。

おすすめです。

企画展 奈良美智 for better or worse: http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2017/special/narayoshitomo.html

常設特別展 森千裕 - omoide in my headhttp://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2017/special/morichihiro.html