masato日記

雑多なものごとについて書きます

UoWのbashでバッファーサイズMax+ロジクールMX Masterでログ確認が実に捗る

WEBアプリをデバッグするときログをたどる。WindowsBashを起動して作業しているのだが、残念なことにわずか2ページ分のログしか見ることができていなかった。これだとエラーメッセージまでたどり着けないことが多い。

先日、ある方にこの不便さを訴えてみたところ、即答で履歴数を増やせばよい、とのアドバイスがもらえた。
手探りで右クリックしてプロパティを表示、それっぽい項目をみつけて設定してみた。Bashを再起動したら設定が反映されていた。

めちゃ簡単だった。

f:id:masatoz:20170917231218p:plain
タスクバーのBashアイコンを右クリックする

f:id:masatoz:20170917231348p:plain
もう一度右クリックしてプロパティを選択

f:id:masatoz:20170917231441p:plain
レイアウトタブの「高さ」を9999にしよう

これで上限の9999行まで見れるようになった。

どうせならスクロールが素早くできたらもっといい。最近入手したロジクールのMX Master 2Sを使うとそれが可能になる。勢いよく回すとシャーッと回転するマウスホイール。そのあいだにどんどん画面がスクロールされていく。キーボードを連打したり、マウスをスクロールしすぎることで疲れたりなんてもうしない。一度これを使ってしまうと、以前のカリカリ回してたホイールには戻れない。ヘビーにスクロールする人にぜひおすすめしたいマウスだ。

シャーッってやるのが気持ちよくて無意味に回してしまうのだった。

Logicool ロジクール MX2100sGR MX Master 2S ワイヤレスレーザーマウス グラファイト FLOW機能付 Bluetooth/USB接続 Windows/Mac対応 高確度