masato日記

やっていきます

あともうひとふんばり しない

あともう一踏ん張りしないようにしたい。これは一般的に言われるのとは逆である。わたしは、気力・体力を使い切るのはよくないと思っている。

まず、人生は長期戦である。追い込みが必要な時は別として、つねに頑張っているのはたいへん疲れる。局所的に頑張ったり、何もしなかったりを繰り返し、感情の起伏を激しくするよりも、コンスタントにそこそこやっていったほうが成果につながるんじゃないか。

それに、頑張りすぎると、気分良く過ごせない。わたしには、「絶対にこれはしないといけない」というものがない。また、特に持ちたいとも思わない。
普段は、できるだけゆとりをもって過ごせた方がしあわせだ。ゆとりがあるからこそ楽しめるものはたくさんある。一杯一杯になっていると、極端な話、何も感じなくなる。振り返ってみて、「あのときは頑張っていたなあ」と思い返してみても、当時の情感はまったく思い出せなかったりする。

頑張ることをよしとするのは勝手だが、他人にそれを押しつけるのは危うい。というか、わたしがそういう状態になっていたことがあった。周りの人からしたら大変うざったかったのではないかと思う。頑張るのが高級で、そうでないのが低級だという感性は人を追い詰めると思う。