masato日記

ふだんのにっき

家計簿をつけはじめて1月たったのでごくあっさりと振り返ってみる

レシーピというスマホアプリで家計簿をつけるようになってからひと月たった。
記録はこれまで無自覚だった現実に気づかせてくれる。

食費だけでみると、11月は30,547円だった。記録しそびれた分がすこしあるから、だいたい3万円前半だろう。

事前のネット調査によると、ひとり暮らしの食費平均は2万~3万程度だったから(ひとり暮らしって母集団多過ぎだけど)、まあ、こんなもんだろう。でも、自分にとっては大きな変化で、以前はまったく計算せずに買い物していたから、けっこうな節約になった。

あと、以前はスーパーで半額になったすしを毎日のように買っていたのだが、家計簿をつけてから全然すしを食べなくなった。なんだかんだいって、半額でさえ、寿司はそれなりにするのだと認識するようになった。あたりまえといえば当たり前だが。食費というのは、ふんだんに使おうと思えばそれなりに使えてしまう。好きなものを食べると満足が得られるので、たべるのが好きな人にとっては納得のいくお金の使い方だろう。他方で、節約しようと思えば、かなり大きく支出を圧縮することもできる。

この家計簿アプリはよくできているので、何にお金を使ったのかをジャンル毎に集計できる。さらに円グラフで比率がわかるようになっている。その円グラフで気づいたのは、

・食費は3万前後あれば不足はない
・服が高い
・外食すると金がかかる
・車は金がかかると知っているつもりだったが実際はもっとかかっていた

などなど、だいたい「そんなの知ってる」的な感じかもしれないが、意外な発見も得られた。

支出を意識するようになると、自然と管理ができるようになる。その結果、貯金が急速にできるようになった。

テクノロジーの進歩のおかげで、レシートを写真撮影するだけで、とても簡単に家計簿が付けられるようになった。その恩恵で貯金ができるようになるわたしのような人間もいて、レシーピの開発者には感謝している。ありがとう。