masato日記

ふだんのにっき

穂村弘による『はじめての短歌』

短歌の世界を、穂村さんの世界観を交えつつ、これまでになくあけっぴろげに教えてくれる。これ読んでる。