masato日記

やっていきます

VR

Oculus Goというコストパフォーマンスの良いVRデバイスが最近発売されたらしい。ネットで話題になっているのを見かけた。32GBで23,800円とのこと。これは、現在販売されているVRデバイスと性能面も含めて比べるととっても安いようだ。

コンテンツも豊富らしい。ゲーム、映画、アプリなどあるらしい。プラネタリウムのアプリは一度やってみたいと思った。夜寝る前にみたらよく眠れそう。バンドでゴーグルをあたまに装着するので、仰向けに寝ながら使えるそうだ。Netflixを大画面で鑑賞できると書いていたレビューがあった。

楽しそうだけど、ちょっと警戒している。プラネタリウムきれいそうだけど、本当は、本物の現実の夜空がみたい。ヴァーチャルな映像体験で、感動してしまってよいのだろうかというためらいがある。それはどこかで撮影され、加工されてパッケージ化された「コンテンツ」だ。企業から供給されたコンテンツで本当の夜空をみれないかわりにVRで仮想の月夜に没入するというのはディストピア感がある。今はまだ、たとえ一年に数度、いやもしかして一回もみれなかったとしても、本当の夜空を鑑賞したいと思っている。

とはいえ、VRはすごいって噂なので、変な意地は捨てて、一回やってみたい。